PointCloud

ものづくりに関すること。3Dプリンター、レーザーカッター、3Dスキャナー、3DCAD、RaspberryPi、Arudionoとか。

MeshLab(Smoothing)

MeshLabの使い方メモ


表面を滑らかにするSmoothing


オカピを例にすると最初に得られるPointCloudはこんな感じだったりします。



お肌をもう少し滑らかにしたいので Filters>Smoothing,Fairing and Deformation > から選択します。
ここでは Laplacian Smooth を選んでます。




Smoothing stepsに入力する値によって滑らかになる度合いが異なります。
ここでは「10」にしてみました。

Preview


これだけでもだいぶつるっとしてきますが、ところどころギザギザ感が残ります。
さらに TwoStep Smoothを行います。


デフォルトの値のままPreview

ほぼギザギザ感が消えます。




もう少しわかりやすいところをクローズアップしてみると、
これがLaplacian Smooth 実行後で、小さな陥没穴やトゲのように飛び出している部分があります。



TwoStep Smoothを実行するとこうなります。↓








今度は素の状態からTwoStep Smooth だけ実行するとどうなるか。
上から順に、素/TwoStepのみ/Laplacianのみ/Laplacian+TwoStep






いまのところ、Laplacian+Twostepが最適かなぁと思ってます。
他にもよい手法があったら誰か教えてください。

Smoothingは表面が滑らかになる反面、シャープさは失われていくので細かい形状のものには使いにくいです。