PointCloud

ものづくりに関すること。3Dプリンター、レーザーカッター、3Dスキャナー、3DCAD、RaspberryPi、Arudionoとか。

3Dプリンターを楽しむコツ(2)

前回の投稿で3Dプリントは1層目が大切であり、その対策についても触れましたが、いくら調整してもなぜか反ってくるときもあるし、上手く調整できたと思っていたら実はそうでなく、反ってくるときがあります。


そこで、緊急時の応急措置方法について、
自分の場合はどうしても失敗したくないときはプリント中に木工用ボンドでエッジ部分を補強します。早く効果を出したいので速乾タイプを使います。



これをプリント中にある程度高さが出てきたらプリント物が反りだす前に少し垂らします。当然ベッドもノズルも動いているので、そのリズムを見極めて必要な個所へピュッと。この画像はプリント終了後にボンドを垂らした絵を撮っています。

上手くいけばプリント中に硬化してプリント物が反るのを防いでくれます。
プリント後は固まったボンドは指で簡単に剥がすことができるので、汚くなることもありません。

気を付けるのは、ベッドから剥がすときに余計に力がいるのと、ベッドにボンド跡が残ることがあることでしょうか。ポリイミドテープの張り替え頻度が多少上がります。
ということで、常用するよりもあくまでも緊急時の応急処置にとどめておいた方が無難です。