PointCloud

ものづくりに関すること。3Dプリンター、レーザーカッター、3Dスキャナー、3DCAD、RaspberryPi、Arudionoとか。

123D MAKE

123D MAKEを使って見ました。

スタンダードに恐竜のモデル

サイズは600×400×850mm と結構大きめで全119パーツになりました。

910×910×10mmの発泡スチロール板を15枚用意して切り出すことに。
色々と手間がかかりましたが自作のスチロールカッターでなんとか乗り切った。

これから1枚1枚接着です。


今度の3Dプリンターのデモで客寄せパンダとなるか。