PointCloud

ものづくりに関すること。3Dプリンター、レーザーカッター、3Dスキャナー、3DCAD、RaspberryPi、Arudionoとか。

完成 3Dプリンター「atom」のオートレベリング

3Dプリンターatom」のオートレベリング化メモ



オートレベリング化が完成しました

想像以上に便利。これまでの苦労から解放された瞬間。




1層目がキチンと出力されるとその後のプリントも安心できます。
もしかすると使い続けているうちに多少の調整は必要かもしれないけどそれでもプローブになってる六角穴付ボルトを多少ひねってやるか、スライサソフトでoffsetの値を変える程度で済みそう。今までみたいに水平をとる必要ないので劇的に楽になりました。

改めてオートレベリングを実現できるようにしてくれた人たちに感謝。





オートレベリングの動作ができてから最後の微調整まで

z軸の微調整はプローブの高さを変えることでOK。
  スライスソフト側でoffsetの値を変えてもOK。先日offset値を変えても改善しなかったように見えたのは単純に樹脂が射出されてなかったから。Marlinで#define DEFAULT_AXIS_STEPS_PER_UNITのエクストルーダーの値を以前に使っていた値(867)に変更したらちゃんと射出されました。
 X軸はHome positionから122mmの移動でXエンドにあたり、プローブが下がります。